入通院慰謝料

入通院慰謝料とは

これは、交通事故で入院や通院をした場合の、精神的苦痛に対する損害賠償金のことを指します。

死亡・後遺症慰謝料と同様に自賠責基準や任意保険基準があります。

しかし、ここでも弁護士会が作成し公表している基準というものがあり、治療期間や怪我の程度によって、その差がかなり違ってきますので、ご自分でできない場合などは、弁護士に相談したりして請求することができます。

「治療期間」の日数と「実際の治療日数」を2倍した数を比べてどちらか少ないほうが慰謝料の支払対象となる日数です。

「治療期間」とは治療開始日から治療終了日までをいいますが、事故が発生した日から7日以内に治療を開始した場合は事故日が治療開始日となり、治療開始日が事故後8日以降の場合は、実際に治療を開始した日の7日前から治療開始したとみなされます。

途中で病院を変えたりして治療が中断した場合、その日数が14日以内であればその中断した日数すべてを治療期間に含め、15日以上の場合は7日間を治療期間に含めます。

治療の「治癒」と「中止」について、「治癒」の場合、治療の最終日が治療終了日となり、「中止」の場合は治療期間に7日間を加えます。

自賠責基準では1日あたり4200円で計算されますので、例えば、入院期間が20日で、その後1週間に約2日通院をして20日の実質通院日数があり、全治療期間が90日間だった場合、次のように計算します。

@ 40日×2倍×4200円=33万6000円
A 90日×4200円=37万8000円

支払額の少ない@が自賠責保険からの自賠責基準額となります。

初回無料メール相談受付中

無料相談メール

Copyright (C) since 2005 光和行政書士事務所 All rights reserved.